FIKA+magazine 総合プロデューサー コラムニスト清水麗子

Column
ラストマーケティング1

Photo by jeshoots

 
これから新たに何かをはじめる、もしくは、今やっている事をもっと拡げて行こうとしている。
そんな方は、ぜひ「テストマーケティング」という意識をもって欲しい。
 
事業はすべて続けていくことで、必ず大きく転換する時が来たり、次のチャンスがやって来たりします。
その前に、うまく行かないからと言って、諦める人がものすごく多い。
 
やりたい人 10,000人
やる人100人
続ける人 1人
 
なんでだろう?と思ったら、案外あっさりシンプルに、「テストマーケティング」という意識を持って、試してみる人がいないんだ…ということがわかった。
 
私がマーケティングコンサルティングというプロフェッショナルな仕事をさせてもらう事が出来ているのも、人よりマーケティングが少し得意だったり、好きだったりするからだけだし、世の中にマーケティングを専門的に学ぶ人が少なくて、事業の立ち上げ時期に何をどうしたらいいか分からなくなる事が多いからだと思う。
 
単なる思いつきから始まる、起業や新規事業は、最初はすべて仮説です。
 ●それがまず、世の中に受け入れられるか?
 ●お客様のターゲットは、思っている層で合っているのか?
 ●商品やサービスの見せ方やセールストークはお客様に刺さるのか?
 
実際に販売を小さくはじめてみて、広告やPRをスタートしてみて、世の中の反応を見ながら、微調整して改善していく事が大事なのですが、その時点で、完成された事業であるかのように思い、うまく行かないと落ち込んだりする…
最初の思いつき、スタイルで上手く行けばラッキー!!でも、そのうちそのままじゃ上手くいかなくなる時が来たら、やっぱり落ち込む…
 
落ち込む意味はまったくありません(≧∇≦)
 
人生は楽あり苦ありとかいう言葉があったり、浮き沈みとかバイオリズムとかいう言葉があったりで、占いとか見ちゃう時もあるんだと思うけど、事業はそれとは全く関係なく、やってみて上手く行かなかったら検証して、改善して、そしてまたやってみる。ということを繰り返していくもの。
 
 
それをPDCAと言います。
 
Plan 考えて
Do やってみて
Check 検証して
Action 改善する

 

 
これを繰り返すことをPDCAサイクルと言い、事業は延々とこのPDCAサイクルを回していくものなのです。
 
テストマーケティング2

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/PDCAサイクル

 
 
ビジネスモデルと言われる、お客様は誰で何をどの様に販売し届けるのか?を確定する前に、まずは小さくテストマーケティング!
そして、PDCAサイクルを繰り返しながら、徐々に自信をつけながら大きくしていく。
 
シンプルだけど、難しくもある。
だけど、一喜一憂することなく、目標や夢を叶えるために、早くこのサイクルをくるくる回して欲しい。
 
あなたのサービスを心から喜んでくれる、たくさんのお客様と出会うために♡