Column

「安物買いの銭失い」

安物買いの銭失いとは、値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。
 
江戸いろはかるたの言葉で、類義には
値切りて高買い/安い高いは品による/安い物は高い物/安かろう悪かろう/安物買いの銭乞食/安物に化け物が出る
 
故事ことわざ辞典より
 
安物買いの銭失い1

小さいころ、いろはかるたが大好きでなんども遊びました。

 
 
40もとうに過ぎて、気がつけばアラフィフの私。
最近では、無駄なお買い物はほとんどしなくなりました。
今までを振り返ると、安物買いの銭失いだった時期もたくさんありました。ことわざの意味もですが、安いものは満足感が少ないために、たくさん買ってしまうなんてこともありました。
 
断捨離できない、部屋が片付かないという方のほとんどが物が多いという話もよく聞きます。
安物買いの銭失いは、運もますます悪くなります。
 
少し高くても、心から満足できるものだけを取り入れるということが大切で、結果として安くあがるなんてことはたくさんあります。
 
物や情報が溢れている時代、高ければいいというのもなく、その中で厳選していいものを選ぶということは、ますます難しくなってきましたよね!
 
そこで大事にして欲しいのが、身近な人からのレビュー。
 
ちょっと高いけど、気に入ってる。大事にしてる。というものを聞いて、それを試してみるのもいいと思います。
 
エラスチンの美容液は、原液のため少し高いけど、配合化粧品のなんと少なくても20本分も入っているのです。
トーク成分で考えたら、もっとです!!
 
COACERの美容液を150mlの化粧水に配合すれば、20ヶ月分。
すごく贅沢にも思えるけど、単純に考えたら、化粧水、美容液の有効成分が20倍であるということ。
化粧水の成分のほとんどが水なので、顔を洗った後にこの有効成分だけを塗っても、効果が出るということがイメージできますか?
 
1ヶ月分の化粧水は、だいたい150ml
安くても1,000円はしますよね?
そこに、美容液や乳液、クリーム、パックなど。
いろいろ足してたら4~5,000円は使ってるはず!
 
ここに、クレンジングを足したらそこそこな金額になりますよね!
で、しかも老けて年齢を重ねるごとにお金がかかるようになる。
 
 
アラフィフの私も、ファンデーションの厚塗りがいらないので、クレンジングなし!
化粧水も乳液も使わずにこれ一本!!
 
そしてそして!
コアセルは、若くても分かりやすい変化が♡
 
安物買いの銭失い2

26歳のしずかちゃん!

ふっくらくすみのない綺麗な肌♡
修正なしってわかりますか?
 
エラスチンは、保湿効果に優れていて、メラニンを生成するチロシンキナーゼという酵素を抑制し、ヒト線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンとヒアルロン酸を自生させるという研究結果がでています。
 
まさしく、その効果ですよね!
 
また、九州工業大学の抽出技術による高純度エラスチンは、高分子と低分子の両方が含まれるので、肌の表面から角質層の奥まで届き、お肌のすべてを美しく変化させていきます。
 
売ってるから言ってるんじゃないってこと。
皆さんに分かってもらいたいなぁ~。
 
まだ試したことのないみなさん
ぜひ、この機会に実感してください♡