Column

ルパン

ルパン風に( *´艸`)

 

「奪われたら奪いかえす!!」
ルパン三世の名言ですが、まさしく絶対奪い返したい、その「失われた美の秘宝」こそが
 
エラスチン
 
私たちの身体に重要なタンパク質
コラーゲンの次に多いのがエラスチンです。
そして、そのエラスチンは、弾力性分として、身体の重要な部分に多く存在します。
 
■ 弾力、柔軟性が必要となる部分に多く存在するエラスチン
子宮に90%
人体に80%
血管、心臓に50%
 
肌にはわずか8%ですが、
コラーゲンとコラーゲンを結びつけるゴムのような役割で、エラスチンが減少すると
コラーゲンを支えきれなくなり、シワやたるみの原因となっています。
 
■ なぜ、失われた美の秘宝と言われるのか?
身体の重要な部分に多く含まれるタンパク質
「エラスチン」ですが、なぜ、失われた美の秘宝と言われるのでしょうか?
 
エラスチン年齢グラフ
 
 
このグラフにあるように、ゆるやかに減少していくコラーゲンに比べて、
エラスチンは26歳頃をピークに急激に減少していき、40代にはほとんど
存在しなくなります。
 
これは、コラーゲンは自分で生成できるのに対して、エラスチンは二度と
身体で作られることがなくなる。
しかも!食事で摂取することもできず、失われたままになるからなのです。
 
 
肌のハリや弾力はもちろん、心臓や血管、関節などの弾力、柔軟性は、私たちの健康に。
エラスチンは、取り戻せるなら取り戻したい、重要な成分だったのです。
 
 
続きは麗子さんのブログへ→http://ameblo.jp/runa-mode/entry-12131487912.html