FIKA+magazine 総合プロデューサー コラムニスト清水麗子

ColumnWork

541148_349556895137864_1559833119_n

商品開発プロジェクトでは、ママが「経済の仕組みや歴史」を学ぶ。
企業の商品のモニターや商品開発に実際に関わるところまで幅広く体験していただく。
実際にみんなで商品を作ってみる。
という三段階でスタートしました。

 

ママのための経済セミナー
これは、5年前くらいから定期的に開催しているものですが、活動の中で新しく知りえた情報や、国際社会でのママが知っておくべき情報まで、幅広くお伝えしています。
今まで数百人の方に参加していただいているのですが、経済学部出身のママはほとんどいらっしゃらなくって、「学校で習ったから必要ない」と思われている方も多くいらっしゃるのだろうなと思いますし、「私には経済の話は関係ない」と思われている方も多いかと思います。

1004421_514282711954090_115817123_n

セミナーの冒頭でお話しするのが、「経済」という言葉の意味。
英語のPolitical economy(政治経済学)を日本語に訳すために、福沢諭吉が「世をおさめ民をすくう」という意味の「経世済民(経国済民)」から抜き取って作った造語でした。
私たちのために政治や経済を考えていくはずが、生活者である主婦や女性を置き去りにした結果、「私たちには関係のないもの」と今まで思われてきました。

ママの声を企業に届けるというミッションを長年続けてきた私たち。
時代の流れも追い風となり、ようやく「お客様に耳を傾けよう!(マーケティング2.0)」そして、「消費者と一緒に作り上げて行こう(マーケティング3.0)」と企業側も考え変化させてきたように思います。
それを思い起こすと、成熟経済も悪いものではないな・・・と思います。

学生時代、たいくつな先生の話にうとうとしていた私でしたが、現実社会で学ぶ経済はとってもエキサイティングで、楽しい!!
この楽しさをみんなにも体験してもらいたい♪
そんな気持ちでいっぱいです。

 

企業の商品モニターや商品開発に関わってみる

1488663_594387247306810_932507933_n

1907986_441424579319093_1414025805_n

最近人気なのが、やっぱり座談会♪
10人集まれば十人十色の意見やアイディアが出て、やっぱり女性の発想力や観察力はすごいな!と思う事ばかり。応募者殺到のため、抽選(あみだくじアプリ)で参加者を選ぶのですが、面白いくらいに年齢も幅広く、バランスの良いメンバーが集まります。

座談会は、遠方の方は参加できませんが、近くで協力してくださる代表の方のお声を元に、企業さんがプロジェクト会員のためだけに商品を開発してくれたり、活動に賛同してくれて、既存の商品を一般より安く提供してくださったりと、一歩ずつですが、カタチになってきました。

 

実際に商品を開発してみる
一番大きな商品開発はスマートハウス♪

kichen01

hikarin05

リビングの斜めになった屋根は太陽光パネルがどどーんと10kw載せてあり、
全量売電で、発電した電気を売ることで、ここにあるだけで収入を生むという画期的な住宅。
私たちが一番こだわったのは、効率的な収納。

すべての部屋にある申し訳程度のクローゼットって必要?という疑問から、
洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまう。という、2階建てだと特におっくうになりがちな、嫌な家事ランキング上位の「洗濯」にまつわるすべてをものすごーく楽にしてくれました。
もちろん、私たち主婦だけで「あーでもない、こーでもない」と言っていても始まらない新しい商品をプロの皆さんと一緒に取り組むことで、あっという間にカタチにしていくことができました。

モデルは本部スタッフのひかりん(30代2児の母)
私たちは、自分たちで意見を言い、言ったことに責任を持つ。
と言う意味でも、広告に積極的に出演しています。
もちろん、出演料もいただいています。
この撮影では、マキハウスグループの伊都安蔵里の商品券がプレゼントされました。

現地モデルハウスとして、一般公開されてますので、ぜひ一度見学に行かれてみてください☆
http://www.maki-web.co.jp/smart/

MAKIHAUSさんとコラボした住宅のコンセプトはこちら♪

 

実現しなかったこともあります。

20130424092041

オーガニック野菜だけで作ったベビーフード。
昨年東京ミッドタウンで開催された、ママフェスでベビーグッス専門店さんとコラボして制作したベビーフード。ベビーフードで今まで見たことがない「試食販売」を実施して、めっちゃ大人気で飛ぶように売れたのですが、賞味期限が短いということと、瓶詰の加工がいまひとつだったことで、残念ながら商品化にはいたりませんでした。

かいつまんでみても、あんなこんなの出来事が、プレスタートから約9か月。
ほんとに盛りだくさんにありました。

さて、ここからの本格スタート!
これから新しくメンバーになる皆さんともっともっと楽しくエキサイティングな取り組みを山ほどしていきたいと思うのです☆

☆商品開発プロジェクト全国版☆
http://ameblo.jp/runa-mode/entry-11769758805.html

選挙のマニフェストみたいな宣言ですが、ひとつずつ丁寧に実現していきたいと思います!
皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。